インプラントと骨

インプラントで大事な事

インプラント手術情報

骨が足りない場合のインプラント

インプラントを行う際に重要となってるのが歯槽骨と呼ばれる骨の量が足りないケースとなります。歯槽骨は通常であれば歯の根を支えている部分ですから、人工歯根を埋め込む大切な部分となるのです。歯周病や老化によって歯槽骨が不足する場合には、そのままでは治療ができませんので歯槽骨の再生を図る治療を併用したり、歯槽骨を移植する方法によって人工歯根に耐えられえる土台作りが必要となるのです。以前であれば歯槽骨が不足している場合には治療が困難となっていましたが、現在では骨が足りない場合でも他の治療方法と併用することでインプラントが可能となっているのです。

骨が足りないときの治療とは

インプラント治療において大事なことは、人工の歯根を埋め込むこととなるあごの骨の状態が良好であるということです。どのようなことであるのかというと、人工の歯根を埋め込むにあたって適切な厚みであることや、十分な高さがあるということ、また、埋め込んだ後に十分な強度があるかということです。もしも必要な条件が満たされない場合、すなわち骨が足りないときにはインプラント治療を行う前に埋め込む部分のあごの骨の強度を上げるための治療が行われることとなります。同時に人工の歯根を埋め込む治療を行うという場合もあります。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.