インプラントで噛める

最新のインプラント治療法

インプラント手術情報

インプラントは噛みごたえ抜群

歯が抜けてしまった時の対処方法は、従来まではブリッジと入れ歯が一般的でしたが、ブリッジでは歯根を抜くので、頬が痩せ細り、噛みごたえも悪いものでした。近年は、自然歯と見た目も性能も変わらないインプラントをする方が増えています。歯が抜けたとこに、人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取付ける事になります。インプラント治療での歯は、見た目は自然歯と変わらず、噛みごたえも自然歯と変わらず、硬いものや粘着性のある餅やガムも気にすること無く味わえます。

歯に負担をかけないインプラント

インプラントは独立した人工歯根を顎の骨に埋め込む治療法です。歯を失った時の従来の治療法として、他の歯にバネをかけて人工歯を支える入れ歯、隣り合う歯を削る必要があるブリッジがありますが、これらの治療法に較べて、他の健康な歯に負担をかけることがなく、将来的に多くの歯を残すという意味でも優れています。また、インプラントは人工歯根が骨に固定されていることにより、装着の違和感が無く、天然歯に近い咀嚼能力を回復できる他、骨に咀嚼の力が伝わることによって、歯を支えている骨が痩せてしまうことを抑制する効果もあります。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.