インプラントと成功率

インプラントでの事故とは

インプラント手術情報

インプラント手術での死亡例

日本国内ではインプラント手術で残念ながら医師が下あごの骨を削る際に誤って動脈を傷つけてしまい大量に出血し、窒息してしまったという死亡例があります。手術前にはレントゲンなどで血管の位置を確認するため、普通に手術前の準備をしていれば、このような失敗は起こらないはずです。しかしこの医師は20年以上の手術の経験がありましたがこのような事故が起きてしまいました。インプラント手術は安全性が非常に高く簡単に思われがちですが外科手術であることには変わりません。このような事故にあわないように医師をしっかり選び、事前の検査はできるだけ細かくしてもらいましょう。

インプラント施術による死亡例

インプラント施術による死亡例についは、当然のことですが、どの歯科サイトを調べても掲載されていません。しかし、インターネットエクスポローラーで調べるところによると、過去に死亡事故があり、その歯科医が起訴されたことがあったようです。現在では完治割合いが95%を超えており、かなり進んで安定した施術となっています。のこり5%は、入れ込んだ人工歯茎を抜き直し、歯茎の状態をもう一度見ながら施術をし直すことが行われているようです。インプラントの手術で亡くなる事はそうそう考えにくいですが、慎重に歯科を選んだ方がよいでしょう。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.