インプラントの土台

インプラント素材の進化

インプラント手術情報

目的別で選ぶインプラント素材

インプラントという新しい治療法が一般化されてから、まだ数十年程度しか経っていません。しかし、技術は日々進歩し続け、今では長く状態を維持できるような素材も開発されるにまで至っています。金属製の土台にセラミックを焼き付けた人工歯は丈夫で人気ですが、金属の特性上、長時間つけ続けていると人工歯に触れている歯茎が黒ずむ可能性が難点でした。現在のインプラントは、金属を使わないセラミックのみの人工歯や、人工ダイヤを土台に使用したタイプが開発されたため、このような難点も解消されています。

インプラントとは何か

歯科医療におけるインプラント手術とは、歯を失った部分の顎骨に人工の歯根を埋入することをいいます。顎骨と強固に癒着した人工歯根の上に補綴物を装着し、自分の歯と同じように噛めるようにします。インプラント手術は、事前にレントゲンなどを撮って顎骨の状態を調べ、患者に適したものを選びます。顎骨の幅や量が十分でないなど、手術ができない場合もあるので、カウンセリングをきちんと受けることが大切です。補綴物を装着し機能が回復したあとも、自分の歯と同じようにセルフケアをすることと、定期的な検診を受けることが重要です。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.