インプラントの為に

インプラントと歯ぎしり

インプラント手術情報

インプラントと歯ぎしりの関係

歯を取り戻すための治療方法としてインプラント治療は大きなメリットを持っていますが、歯槽骨が吸収されている他にも歯ぎしりがある場合には注意が必要となってきます。歯は消耗品とも言える部分ですが、噛みしめが強い場合はすり減りが激しくなってしまいます。最悪の場合には欠けたりすることもありますし、圧力が加わることから歯槽骨への影響が強く歯周病を進行させる原因ともなります。歯ぎしりのある人がインプラント治療を行うには、対策を講じてから進めていく必要があるといえます。最近ではマウスピースによる治療もありますが、意識することで解消することもできるのです。

歯ぎしりの矯正方法について

歯ぎしりの矯正方法としてこれまで、専用マウスピースを使用したり、歯科医による歯の部分のかみ合わせの矯正などが行われてきました。歯ぎしりでも睡眠不足になってしまったり、歯茎に与える影響として、食事時の数倍負担をかける事もありので、放置すると、歯茎への致命的な影響につながることを覚悟しなければなりません。歯へのダメージが大きい場合だと、インプラントへの置き換えもその対策として、考えられます。といいましても、健康な歯根と歯が残っている状況だとする必要はありません。かなりよくない状況で、歯がほとんどなくなってしまった場合には、選択肢の一つとして考えても良いと思われます。インプラントへの置き換えによって得られるかみ合わせの完全矯正も、絶体とは言えませんので、十分な考慮が必要となります。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.