インプラントは確実

インプラントのよさとは

インプラント手術情報

インプラントは多くの方から支持

何らかの事情で歯を失ったとき、インプラントを人口の歯として埋め込まれることがよくあります。入れ歯やブリッジと違って、骨にしっかりと密着しますので、自然の歯と変わらないぐらいに使えますので、大変な人気です。歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、そこに人工的な歯根を埋め込んでくのです。機能的には天然の歯とほとんど変わりません。目下のところ、歯の根っこを作りだす治療法は、これ以外にはありません。治療後20年以上経過してもインプラントが残存している確率は90%以上という、確実性の高い療法です。

4大インプラントシステム

インプラント治療の世界シェアのほとんどを占めるシステムについて、4つご紹介しましょう。ブローネマルクは、世界初のシステムとして有名です。2回の手術法で採用されることが多く、少し料金は高めになります。次にストローマンは、1回の手術法で採用されることが多く、大きさが小さいため、日本人に合うといわれます。アストラも、2回の手術法に採用されることが多く、独自のシステムを開発して注目されています。最後に、スイスプラスは、インプラントの表面にざらつきがあるため、骨と結合しやすいのが特徴です。

© Copyright インプラントで大事な事. All rights reserved.